本文へスキップ


茶道具買取

電話でのお問い合わせは0120-282-900

メールでのお問い合わせはこちら

鋳物casting

龍文堂

商品イメージ1

明和元年(1764年)頃、初代龍文堂である四方龍文が、京都で初めて 蝋型鋳造による鉄瓶鋳造をはじめたのが、「龍文堂」のおこりと言われています。 (実際に「龍文堂」を名乗り始めたのは、2代目龍文堂 四方安之助の頃からです。) 「龍文堂」鉄瓶の名声は、明治・大正・昭和初期に日本中に知れ渡ることになりましたが、 同時に贋作が数多く出回ることにもなりました。 夏目漱石の「吾輩は猫である」の一節が当代における高級鉄瓶の代名詞として、 「龍文堂」の名声がいかに高いものであったかを物語っています。 “この様な時には龍文堂の松風の音を聞いて茶を喫するが、最高の贅沢”  古い鉄瓶や釜、風炉でも 破格のお値段付く場合ございます。 古く汚れて錆びた鉄瓶や釜などでもご相談に乗ります。

選べる買取・査定方法

商品イメージ 商品イメージ 商品イメージ 商品イメージ 商品イメージ

お茶席案内

 京の町家で優雅なひととき!

  • 茶道具の名品を使用した茶席!
  • おひとりさま \800〜
  • くわしくはこちら

ショップ情報

茶道具買取専門店 
竹田屋

〒604-0066
京都市中京区油小路通二条上る
スガビル4F
TEL. 0120-282-900
(クリックすると
お電話いただけます!)
takedaya@kyoto-takedaya.jp
(クリックすると
メール作成できます!)

古物商許可証
(京都府公安委員会
第611020130005号)